神戸市王子動物園近郊に2019猫カフェ「猫の屋おでん」オープン!

猫カフェ

兵庫県神戸市に待望の猫カフェが2019年4月11日にOPENいたしました。山と海に囲まれた港町・神戸、6年という長い準備期間を経て、OPENしたという「猫の屋おでん」。

桜の名所でもある神戸市立王子動物園近くではあるものの、閑静な住宅街の中に、ひっそりと構えておられます。だからこそ、静かでゆっくり、ゆったりと流れる時間を楽しめるのではないでしょうか。

是非行ってみたいと思わせる、兵庫県神戸市灘区王子動物園近郊に新規オープンした猫カフェ「猫の屋おでん」をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

猫カフェ 猫の屋おでん

6年もの長い構想期間を経て、猫ちゃんが自然に過ごし、限りなくストレスなく生活ができるように考えた結果、ご自身のご自宅を改装されオープンされたという猫カフェ。

11匹の猫ちゃんたち(スタッフ)が皆さまをお迎えしてくれます!その中には保護猫ちゃんや珍しい種類の猫ちゃんがいたりと、他の猫カフェとは少し違った雰囲気です。

また、猫ちゃんとのふれあいスペースとカフェスペースがあり、全面ガラス張りで区切られているので、カフェスペースにいながら、猫ちゃんたちをみることが出来ます。

料金システム

◆30分 700円(平日のみの利用)

◆1時間 1000円

延長30分ごと 500円

◆フリータイム 2500円

・猫ちゃんのおやつ 300円

・各種ペットボトル 150円~

*小学生以下のお子様で入店出来ません。(別途入店可能日の設定を予定しておられます)中学生は保護者同伴で入店可能です。

ふれあいスペースの定員は10名までとなっております。満員の場合は、お待ちいただくことがあります。

Cafe Menu

◆カフェメニュー 250円~

・ホットコーヒー/アイスコーヒー

・カフェオレ

・カプチーノ

・ラテマキアート

・ティーラテ

・抹茶ラテ

・チョコチーノ

・紅茶(セイロン、アールグレイ)他

感想

開店して間もないということもあり、とても綺麗で清潔感のある店内でした。そして、今まで接したことのないような種類の猫ちゃんがいました。特に印象に残っているのが、スフィンクスのなるとちゃんの肌触りがなんとも言えなくて・・・。すみません、言葉が見つからないので、是非お店に行って触らせてもらってください!

あと、なるとちゃんと子猫のつゆちゃんが一緒のベッドで寝ていたのには、あまりの可愛らしさにすぐさま写真を撮りました。

そして、気になるお店の名前についてもお聞きしました。おでんって色んな具が入っていますよね。野菜に、練り物、もち、牛すじetc…。色んな種類の猫ちゃんがいることから、「猫の屋おでん」となったそうです。また、猫ちゃんの名前がおでんの具からきているのだそうです。

猫カフェの敷居を低くして、たくさんのお客さんにきてもらい、さくら猫活動のことを知ってもらうという素晴らしい取り組みをされています。

猫雑貨も置いていて、誘惑に負けてしまい、可愛い猫ちゃんのポストカードと、ハーバリュームもgetしてまいりました!ギャラリーでは、猫画家、田嶋香里さんの作品展が開催されていました。今後も、色んな作家さんの作品展が開かれる予定だそうです。

人懐っこい猫ちゃんばかりで、お膝に乗っている子もいましたよ!悲しいかな、私の膝ではありませんでしたが・・・。是非直接お店に行かれて、猫ちゃんに膝乗りしてもらってくださいませ!

猫カフェ 猫の屋おでん 店舗情報

◎所在地 〒657−0823 兵庫県神戸市灘区天城通3−1−2

・阪急「王子公園駅」徒歩10分

・JR「灘駅」からタクシーや坂バス(210円)を利用されると便利です。坂バス利用の場合「天城通2丁目」で下車すぐとなります。

・お車でお越しの方 店舗駐車場が2台あります。満車の場合は付近のコインパーキングをご利用ください。

◎問い合わせ TEL 078−805−2215

営業時間 11時から20時(最終入店は19時)

定休日 毎火曜日・毎水曜日 祝日の場合は営業(猫ちゃんの体調等により臨時休業となる場合があります)

Instagramはこちら

まとめ

たくさんの猫ちゃんに囲まれながら、多くの「人と猫」や「人と人」との繋がりを育み、猫ちゃんに関するあらゆる「垣根」を超える場を提供したいという想いを抱いておられる猫の屋おでんさん。

猫ちゃんたちへの愛情が溢れているとは思いませんか。これからは、里親募集をする保護猫ちゃんのお迎えや、ギャラリーでの譲渡会について進めて行かれる予定とのことです。猫ちゃんたちへの深い愛がいっぱい詰まった猫カフェ「猫の屋おでん」へあなたも訪れてみませんか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました