秋田県の保護猫カフェ「柚の家」の料金は?田植えキターが話題!

猫カフェ

とっても気になる猫カフェがあります。Twitterやテレビで見たことがあるかもしれませんが、田植えの時期にたくさんの猫ちゃんたちが窓からトラクターにくぎづけ動画が話題となっています。今回は、秋田県の保護猫カフェ「柚の家」についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

猫カフェ「柚の家」

「柚の家」は、2016年5月に秋田県由利本荘市初の猫カフェとしてオープンした、住宅街にある「おうち猫カフェ」。カフェをはじめるきっかけになったのが、お店の名前にもなっている、柚ちゃんとの運命的な出会いだったそうです。

柚ちゃんは、公園で捨てられていた猫で、友人からの相談で、オーナーの伊藤さんが公園に行って連れ帰ってきたそうです。そして、そこから伊藤さんの生活が少しずつ変わっていきます。

2匹目の猫、「奏(そう)」との出会いです。真っ暗な道路の真ん中に動くものを発見。それが奏ちゃんでした。奏ちゃんも引き取り、柚ちゃんと奏ちゃんはすぐに仲良くなりました。そんな平和な日々が続くと思っていた矢先に、網戸をしっかり閉めていたにもかかわらず、開いていて、奏ちゃんは行方不明になってしまったのです。柚ちゃんは、網戸の外側で鳴いていたそうです。

あらゆるところを探し回り、周辺での聞き込みや、ポスター貼りをしましたが、奏ちゃんは行方不明のままでした。するとだんだん近所では「まだ奏ちゃん見つからないの〜?」なんて声をかけられるようになっていて、そこでまた不思議な出来事が起こったそうです。

「奏ちゃんじゃないの?」と情報が入るたびに、見に行くものの、奏ちゃんではない、でも、この子をほって帰れない・・・そんなことが続き、保護猫ちゃんが増えていきました。

こうしてたくさんの保護した猫ちゃんとの生活がはじまりました。「猫の家」なんて子供たちから呼ばれたりして、知らない人が訪れて猫を見ていく・・・なんてこともあったそうです。

10匹目の猫を保護した時にある思いがこみ上げ、「そうだ!どうせだったらカフェにして、この地域の憩いの場にできれば・・・」「奏」の情報だって集まりやすくなるかもしれない!とオーナーは思われ、一念発起し、猫カフェをオープンすることになったそうです。

ここでまた奇跡が起きました。いつものように奏ちゃん情報があり、現場に向かって見ると、そこには奏ちゃんがいました。それは、猫カフェオープンの3ヶ月前だったといいます。こうして、たくさんの猫との運命の出会いによって猫カフェをオープンされることになりました。

奏ちゃんの捜索で多くの猫と出会う中、「猫の殺処分の現実」を目の当たりにしたといいます。伊藤さんはそんな猫を少しでも減らしたいと病気の猫でも保護することをためらわなかったのですが、「高額な医療費」が重くのしかかってきたそうです。なんとか少しでも多くの猫たちを救いたい、との思いから新たな取り組みとしてクラウドファンディングを試みたそうです。今は目標は達成されています。

また、猫ちゃんたちの里親さんを募集する取り組みとしてFacebookをはじめ、反響が多くあるといいます。

Facebookはこちら

また、『猫と人が幸せに暮らせる秋田』を作っていくために、人の心を癒す「キャットセラピー」に取り組んでいきたいと考えておられるそうです。動物とふれあうことによる情緒的な安定を目的に、伊藤さんと猫数匹が高齢者福祉の現場に訪れ、参加者と楽しめるプログラムを実行し、精神的、身体的、社会的機能の向上に繋げたいとのことです。

また、小学校などの教育現場で猫たちと触れ合いながら命の大切さを子供たちに学んでもらう活動も行っていきたいそうです。

そうしたことで少しでも捨て猫が減り、ゆくゆくは【秋田で猫の殺処分をゼロに】出来るよう活動していきたいんですと言われています。

秋田県は2016年に第2次動物愛護管理推進計画を策定。25年までに犬、猫の殺処分をゼロにする目標を掲げています。県内の18年度の殺処分数は犬37匹、猫336匹で減少傾向にあるといいます。

この取り組みが実を結び、殺処分ゼロになる日が近いと信じています。

たくさんの猫を守りたいという一新から、決意して6ヶ月後には「猫カフェ」をOPENしたという伊藤さん。こんな素敵な想いがいっぱい詰まった猫カフェに行ってみたいとは思いませんか?

*この記事は未来思考美術館(IRODORI)を参考にしました。

料金システム

◆1時間 1080円(中学生以下は540円)

*延長15分ごとに216円

ドリンクバーと猫ちゃんおやつはオプションで各324円

年2回「柚の家」恒例の田植えキター!


今、Twitterやテレビでよく見かける動画があります。2016年猫カフェオープン当初から、年2回、田植えと稲刈りの時に猫カフェの猫ちゃんたち20匹以上が、窓から田植え機の様子を見ている光景がみられるとのこと。田植え機の作業をされている方も、強い視線を感じているといいます。

何故、大興奮で見ているのか・・・、専門家の意見では、日頃室内で過ごしている猫ちゃんたちはあまり刺激がないので、田植え機の音と、動いている姿が新鮮で、夢中になって見ているそうです。

確かに、うちの子も完全室内で過ごしているので、近所の野良猫ちゃんが通るたびに、興奮し、追いかけ、1階2階を行ったり来たりしています。

猫ちゃんは好奇心旺盛ですので、外の光景が気になって仕方がないのでしょうね。

年2回、田植えと稲刈りの時期が待ち遠しくなる、可愛い動画ですね!!

猫カフェ「柚の家」店舗情報

◎所在地 〒015−0852 秋田県由利本荘市一番堰34−13

◎問い合わせ 090−8617−8715

◎営業時間 平日:13時〜19時 土日祝:11時〜19時(最終入店18時)

◎定休日 水曜日

Twitterはこちら

まとめ

人間が大好き!人懐っこい保護猫ちゃん約50匹とふれあえる猫カフェ。様々な事情を抱えて保護された子ばかりだそうです。里親募集の相談も受付されています。膝に乗ってくれる子や名前を呼んだら返事をしてくれる子までいて、とっても可愛い猫ちゃんとあなたも運命の出会いがあるかもしれません。是非とも行ってみたい猫カフェですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました